法人理念・概要|社会福祉法人 山梨樫の会

山梨樫の会

法人理念・概要

社会福祉法人山梨樫の会
基本理念

つながり=人生は楽しい!

 人生を楽しむ。それは人間として生きていくための普遍的なテーマではないだろうか。そして、このテーマを追求していくと、人は誰も一人では生きていけないということに気付くであろう。個人と個人とのつながり。
個人とコミュニティや社会とのつながり。これらの意識的・無意識的“つながり”が人生を楽しいものに創り上げているのである。

 また、人生は楽しいなどと空言を吐くなという人や人生はそんなに甘くないという人もいるであろう。しかし、それは必ずしもそうともいえない。なぜなら、人は誰でも人生を楽しみたい、幸せになりたいという欲求を持っているからである。それは、たとえ、自分自身が困苦に耐える状態にあっても、その中で自分らしく生きるにはどうしたら良いかと模索し、自分なりの人生の楽しみ方を見いだすことができるものだと考えられる。但し、そのプロセスにおいて、自分を受け入れてくれる他者、コミュニティや社会が存在すること、その環境が整っていることが重要である。それらは、自分の人生を肯定し、自信を持たせ、楽しく生きるための心の糧となるからである。

 社会福祉法人山梨樫の会では、『共助共生』(すべての人が誰かとつながり、共に支え合って生きているという必然的相互扶助の関係性)と『ダイバシティ & インクルージョン』(多様性と包括性:その人がその人らしく、誰もが包まれる)の2つの概念が重なり浸透した社会が、人々の人生を楽しくするファクターだと考えている。そのため、法人の理念はそれらの概念を踏まえ、『総合的“人生”支援』、『”笑顔とぬくもりの心”』、『希望・喜び・幸せの実現』という3つの要素から成り立っている。この3つの要素を絡めることで、支援を必要としている人の人生、コミュニティに集う人々の人生、ひいてはこの法人で働く私たちの人生を楽しむことにつなげていきたい。そして、すべての人間が『人生は楽しい!』と感じることのできる社会を目指し、「今」できることを全力で行い、社会全体の福祉向上に邁進していく。

基本理念 3つの要素

総合的“人生”支援「社会福祉に貢献する」、笑顔とぬくもりの心「被支援者を幸せにする」、希望・喜び・幸せの実現「職員を豊かにする」

  • 『総合的“人生”支援』とは

    法人内の各事業所(及び他の機関)の協働により、支援を必要としている人の主体性をもった人生、支援を必要としている人々が属するコミュニティや社会を総合的(包括的)かつ継続的に支援していくことである。

  • 『笑顔とぬくもりの心』とは

    常に明るく元気よく健康的な“笑顔”と心がほっこりと温まる“ぬくもり”という愛情をもって、支援を必要としている人に寄り添い、支え、相手の心に共感することにより、幸せを分かち合うことである。

  • 『希望・喜び・幸せの実現』とは

    『職員は法人の“宝”である』という思いを、希望・喜び・幸せという3つの形で具現化することである。

希望

職員がやりたいこと、学びたいこと、目指したいことにチャレンジできる職場づくりを推進する。そして、職員が活躍できるフィールドを発展的に拡大していく。

喜び

人が人を支える福祉の仕事では、心のゆとりと適度なストレスというバ ランスが大切である。そのため、職員が心のゆとりと適度なストレスを持って仕事に臨めるよう労働環境を整備していく。そして、職員一丸となって事業に取り組み達成していく喜びを共有する。

幸せ

職員は、心と身体の健康を保ちながら日々を過ごしていくことが肝要である。そのため、職員の安定した生活とやりがいや安心感を持って働くことのできる職場を促進し、物心両面から職員を支えていく。

実施事業

1.介護老人保健施設甲府相川ケアセンター
2.甲府相川ケアセンター通所リハビリテーション
3.甲府相川ケアセンター居宅介護支援事業所
4.甲府市北東地域包括支援センター
5.特別養護老人ホームゆめみどり
6.ゆめみどりデイサービスセンター
7.ゆめみどり居宅介護支援事業所
8.地域密着型特別養護老人ホーム和楽 WARAKU
9.ショートステイ和楽 WARAKU
10.児童養護施設あいむ
11.児童発達支援センター かしのみ学園
12.保育所等訪問事業所 かしのみ
13.児童発達支援事業所 かしのみ
14.相談支援事業所 にこっと

沿革

平成10年 9月 社会福祉法人山梨樫の会 設立認可
平成11年 9月 老人保健施設甲府相川ケアセンター 開設
{96床(うち認知症ケア専門棟30床)、通所32人}
相川在宅介護支援センター 設置
平成12年 4月 介護保険法施行 介護保険事業者指定・事業開始
介護老人保健施設甲府相川ケアセンター
(短期入所療養介護、通所リハビリテーションを含む)
甲府相川ケアセンター居宅介護支援事業所 設置
平成18年 4月 甲府市地域包括支援センターあいかわ 設置
(上記設置のため、相川在宅介護支援センター休止)
平成18年 7月 特別養護老人ホームゆめみどり(70床)開設
ゆめみどりデイサービスセンター(20人)開設
平成19年 4月 ゆめみどり居宅介護支援事業所 設置
平成22年 4月 甲府市北東地域包括支援センターへ名称変更
(旧名称 甲府市地域包括支援センターあいかわ)
平成22年 8月 ゆめみどりデイサービスセンター(30人)へ定員変更
平成25年 6月 児童養護施設あいむ(24人)開設
平成27年 3月 地域密着型特別養護老人ホーム和楽WARAKU(29床)開設
併設ショートステイ和楽 WARAKU(5床)開設
平成29年 2月 相談支援事業所にこっと 開設
平成29年 4月 児童発達支援センターかしのみ学園(30人)開設
平成30年 4月 児童発達支援事業所かしのみ(5人)開設

規模

【法人本部】
【甲府相川ケアセンター】
敷 地 面 積  7,723.05㎡|(山梨県甲府市塚原町359番地)
延 床 面 積  3,697.59㎡|(介護老人保健施設甲府相川ケアセンター、甲府相川ケアセンター通所リハビリテーション、甲府相川ケアセンター居宅介護支援事業所、甲府市北東地域包括支援センター)
【ゆめみどり】
敷 地 面 積  6,188.46㎡|(山梨県甲斐市玉川1700-1)
延 床 面 積  4,038.73㎡|(特別養護老人ホームゆめみどり、ゆめみどりデイサービスセンター、ゆめみどり居宅介護支援事業所)
【和楽WARAKU】
敷 地 面 積  2,569.96㎡|(山梨県甲府市大和町3-6)
延 床 面 積  1,420.32㎡|(地域密着型特別養護老人ホーム 和楽 WARAKU)
【あいむ】
敷 地 面 積  1,983.71㎡|(山梨県甲府市下飯田2-5-5)
延 床 面 積  1,035.94㎡|(児童養護施設あいむ)
【かしのみ学園】
敷 地 面 積  1719.97㎡|(山梨県甲府市下飯田2-5-12)
延 床 面 積 588.94㎡|(児童発達支援センターかしのみ学園)

施設一覧

介護老人保健施設 甲府相川ケアセンター

〒400-0003
山梨県甲府市塚原町359
055-252-1600(代)

併設施設

  • 通所リバビリテーション 055-252-1600
  • 居宅介護支援事業所 055-252-3319
  • 甲府市北東地域包括支援センター 055-252-3398
特別養護老人ホーム ゆめみどり

〒400-0116
山梨県甲斐市玉川1700-1
055-278-2800

併設施設

  • デイサービスセンター 055-278-2800
  • 居宅介護支援事業所 055-278-2800
地域密着型特別養護老人ホーム 和楽 WARAKU

〒400-0072
山梨県甲府市大和町3-6
055-252-2100

併設施設

  • ショートステイ 055-252-2100
児童養護施設 あいむ

〒400-0064
山梨県甲府市下飯田2-5-5
055-220-1100

児童発達支援センター かしのみ学園

〒400-0064
山梨県甲府市下飯田2-5-12
055-237-5100(代)

併設施設

  • 保育所等訪問支援事業所 かしのみ 055-237-5100
  • 児童発達支援事業所 かしのみ 055-237-5100
  • 相談支援事業所 にこっと 055-237-5151