働く仲間|社会福祉法人 山梨樫の会

山梨樫の会

働く仲間

  • 介護福祉士 萩原 知美

    介護老人保健施設
    甲府相川ケアセンター
    介護福祉士萩原 知美

    介護福祉士の萩原知美です。
    右も左も分からない状態から介護という仕事に就き、たくさんのご利用者と関わりを持ち貴重な体験・経験をさせていただています。
    時には、悩んだりすることもありますが、ご利用者から「ありがとう」という言葉と笑顔をいただけると「よしっ!頑張ろう!」という気持ちになります。
    これからも、ご利用者が笑顔になっていただける“ケア”を目指して、日々前へ進み頑張っていきます。

  • 支援相談員 坂本 司

    介護老人保健施設
    甲府相川ケアセンター
    支援相談員坂本 司

    支援相談員の坂本です。僕はこの仕事に就いてからというもの笑顔が素敵になりました。なぜかというと毎日笑って楽しく仕事をしているからです。介護職では、笑顔と優しさがとても大事なんです。難しい顔をしてする仕事ではないんです。にこにこしながら仕事をするんです。紹介写真では、ユニホームを着ていますが、この格好で仕事をしているわけではありません。ソフトボールのチームを作って活動をしているんです。年2回大会があって、それに向けてみんなで楽しく活動しています。

  • 社会福祉士・主任介護支援専門員 荒川 准子

    甲府市北東地域包括支援センター社会福祉士・主任介護支援専門員荒川 准子

    地域の皆様の相談に総合的に対応し、必要なサービス調整や在宅生活のサポートを行っています。ここ数年は、虐待相談や支援・成年後見制度の活用促進・消費者被害の防止など高齢者の権利擁護業務に力を入れて頑張っています。
    訪問を通して地域の皆様とお話しをしていく中で、私自身多くの事を教えてもらっている!と思います。(漬物や煮物の作り方や生活の知恵など…)それに地域を歩いていると、畑から、隣の家から、道路端から手を振ってくださったり、声をかけてくださる…些細なことかもしれませんが、嬉しく、自然に笑顔が生まれます。
    「その人々の暮らしに寄り添う」そんな事を思いながら、今日もまた訪問に出かけます!!

  • デイサービス支援相談員 海野 隼人

    ゆめみどり
    デイサービスセンター
    デイサービス支援相談員海野 隼人

    ゆめみどりデイサービスセンター生活相談員の海野です。私がデイサービスセンターで働くようになって感じたことが、‘笑顔で話をするのが自然になった’ということです。御利用者の方々との関わりの中で…というのはもちろんですが、それに加えてご家族様や他事業所の方々との関わりも増え毎日がとても充実しているからだと感じました。また、お客様からの「今日は楽しかったよ!また迎えにきてね、待ってるね。」という言葉がなによりの私の元気と笑顔の源になっています。
    「今日は楽しかったよ!」と毎回笑顔で言っていただけるよう、地域で一番のデイサービスを目指してこれからも頑張ります!

  • 介護福祉士 小林 沙季

    特別養護老人ホーム
    ゆめみどり
    介護福祉士小林 沙季

    特別養護老人ホームゆめみどり 介護士の小林沙季です。介護福祉の専門学校を卒業し新規スタッフとしてゆめみどりと共に成長してきました。主に入居者様の生活のお手伝いをさせて頂く仕事をしています。
    3年目を迎え、ユニットケアの難しさを改めて感じますが、より良い生活のお手伝いのために日々勉強の毎日です。ゆめみどりでは入居者様が主体であり、決まりがなく、自由でゆったりとした時間が流れています。そして、入居者様と職員の距離が近く笑いが絶えることがありません。そんな入居者様の笑顔を見ること、「ありがとう」の一言がとてもうれしく感じられます。反対に、今まで一緒に過ごしてきた方々との別れが一番辛いです。しかし、そんな方々と関れたことはとても貴重で、他では味わえない経験だと思います。
    介護の仕事は、「一期一会」であり、入居者様やご家族など、ゆめみどりでなくては出会えなかった方々が沢山いらっしゃいます。その方々と一緒に心地よい生活空間を作るのが目標です。家庭で過ごすような当たり前の生活を送ることができるように、一人ひとりを大切にし、生活のお手伝いが出来ればと思います。そして、どんな時も、笑顔を忘れずに一日一日を充実したものにするように関っていきたいと思います。

  • 介護福祉士 小西 裕也

    地域密着型特別養護老人ホーム
    和楽WARAKU
    介護福祉士小西 裕也

    甲府市地域密着型特別養護老人ホーム和楽WARAKUの介護士、小西裕也です。介護福祉の専門学校を卒業し開設時から和楽楽WARAKUで仕事をしています。まだまだ、慣れないことも多い中、毎日、入居者されている方の生活に関わらせて頂いていることに誇りを感じます。和楽WARAKUでは「あなたの暮らしをそのままに」という施設理念のもと、一人ひとりの入居されている方が、いつまでもその人のままであり続けることができるような支援、自律した生活が送れるようにしていけることを目標に日々努力しています。自分が介護をするにあたって入居者の方が僕自身に介護されることで「介護されるならあなたがいい」と思っていただけるような介護士を目指してこれからも頑張っていきたいと思います。

  • 保育士 渡邊 由美

    児童発達支援センター
    かしのみ学園
    保育士渡邊 由美

    児童発達支援センターかしのみ学園・保育士の渡邊由美です。
    児童養護施設あいむで3年働き結婚・妊娠を経て1年間育児休暇をいただき仕事復帰をしました。児童養護施設あいむは24時間体制の職場であり、育児休暇からの復帰をするのは子育て中であるため難しく、日勤帯であるかしのみ学園への移動を希望しました。4月からの立ち上げにも参加でき、新しい職員と障害のある子ども達と日々向き合っています。かしのみ学園の職員は子育て中の職員が多く、先輩職員の話も参考にし、楽しく仕事をさせてもらっています。育児休暇が終了する前は我が子とまだ一緒に過ごしたいという気持ちが強く、復帰もスムーズにできるか不安もありました。仕事にやりがいを感じ、仕事が楽しいと感じる職場であるので、仕事の両立ができるのだと思います。誰でも育児休暇を経て安心して仕事復帰ができるような職場を目指し頑張っていきたいと思っています。

  • 児童指導員 猿田 俊介

    児童養護施設 あいむ児童指導員猿田 俊介

    児童指導員の猿田です。
    私は東京出身で東京の大学を卒業しましたが、恩師が山梨に縁があり学生時代によく足を運んでいました。多くの魅力を感じたこの山梨の地で活躍したい、と山梨樫の会の門を叩きました。入職間もない不慣れな頃は調理で数々の伝説を作りましたが(笑)、施設長をはじめ多くの先輩職員に可愛がられ、毎日楽しく子どもと向き合うことが出来ています。現在あいむでは学習支援にも力を入れていますが、レク委員として余暇の充実に尽力しています。アットホームな子どもたちの笑顔が明日への力になる、それがあいむの魅力です。

施設一覧

介護老人保健施設 甲府相川ケアセンター

〒400-0003
山梨県甲府市塚原町359
055-252-1600(代)

併設施設

  • 通所リバビリテーション 055-252-1600
  • 居宅介護支援事業所 055-252-3319
  • 甲府市北東地域包括支援センター 055-252-3398
特別養護老人ホーム ゆめみどり

〒400-0116
山梨県甲斐市玉川1700-1
055-278-2800

併設施設

  • デイサービスセンター 055-278-2800
  • 居宅介護支援事業所 055-278-2800
地域密着型特別養護老人ホーム 和楽 WARAKU

〒400-0072
山梨県甲府市大和町3-6
055-252-2100

併設施設

  • ショートステイ 055-252-2100
児童養護施設 あいむ

〒400-0064
山梨県甲府市下飯田2-5-5
055-220-1100

児童発達支援センター かしのみ学園

〒400-0064
山梨県甲府市下飯田2-5-12
055-237-5100(代)

併設施設

  • 保育所等訪問支援事業所 かしのみ 055-237-5100
  • 児童発達支援事業所 かしのみ 055-237-5100
  • 相談支援事業所 にこっと 055-237-5151